CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
営業が変わる―顧客関係のマネジメント (岩波アクティブ新書)
営業が変わる―顧客関係のマネジメント (岩波アクティブ新書) (JUGEMレビュー »)
石井 淳蔵
大学の先生が書いた本です。講演会を聞いた時、珍しく眠くならなかった数少ない学者さんの一人です。

だから本を買ったんだよ・・・

社員にも読ませています。
ちゃんと読んでいるかい、きみたち、我が社の社員!
RECOMMEND
<< HACCP認証取得中 | main | マザーテレサ生誕百周年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
新春会員講演会『日本でいちばん大切にしたい会社』
  昨日、富山商工会議所の新春会員講演会に行ってきました。講師に坂本光司氏をお招きし『日本でいちばん大切にしたい会社』から学ぶ企業経営 という演題で講演いただきました。
 一時間半という時間があっという間に過ぎてしまいました。とても有意義な時間でした。「本当の経営とは何か?」を考えさせられる一時間半でした。

 中小企業で絶対にやってはいけないことに価格競争や品揃えをあげていました。物の本を読めば、この二つの事柄は企業にとってとても大切なこととして多くの本に書かれています。これをしてはいけない。売上げは、社員の生産性とお客様の評価で決まる。また商圏を決めるのはお客様であって、決してお店の方ではない。欲しい商品があればお客様は遠くてもくる。いずれも感慨が深いものです。

 また、経営とは「5人の永遠の幸せを実現するためのもの」と言い切っていました。その5人とは大切にしなければいけない順に書くとこうなります。
ー勸とその家族
⊆匈絢勸とその家族
8楜
っ楼莉嗣
コ主
なぜ、この順番なのか。
一番について根拠を二つ示されました。
_饉劼防塋拭ι塰を言う社員がお客様に感動を与えられるはずがない
∋笋六千数百社調べてきたが、現実がそうである。
まだ、いろいろな根拠があるということですが、一時間半という時間内では、すべてを紹介できるはずもありません。

あまりにも集約してブログに書きましたが、とても内容の濃い一時間半でした。

 帰りに先生の本を2冊買いエレベーターに乗っていると先生が乗り込んできました。とても背の高い方で、本を2冊買ったことをお知らせすると、「私の本は33万札以上売れている。一冊目を買っていないなんて珍しい。」私は「それなら私はその珍しい人ですね。」とか言っているうちにエレベーターがつき忙しそうにタクシーに乗り込んで言ってしまいました。

 ちなみに本の名は演題と同じ「日本でいちばん大切にしたい会社」機Ν兇任
社長の独り言 | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | 12:40 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sokusei.jugem.jp/trackback/53
トラックバック